急変時の対応模擬訓練

今日のグループホームは里帰り外出の予定でしたが、体調のすぐれない方がおられたため中止に

なりまして、職員数も多いので、急きょ、「急変時の対応模擬訓練」をおこないました!



実際に入居者の方が誤嚥したり転倒されたりしたときに、あわてず騒がず対応するためには、

やはり日頃の訓練が重要。

というわけで今日は、異常の発見から応急処置、119番通報、家族への連絡など、電話も

使って模擬訓練です。



私は電話で119番の役、ご家族の役をやりました。

普段は感じないですが、他人の立場で電話を受けると、スタッフの情報伝達にそれぞれ違いが

あって、興味深かったです。

「あわてず、騒がず」 やっぱり難しいですね。
[PR]
by ikunosange | 2011-06-17 11:55 | グループホーム
<< 避難・消火・救命訓練 黒岩尚文さん研修会 >>