政治と介護

政権交代だなんだと政治が騒がしい季節がやってまいりましたね。
普段はまったく政治と縁がありませんが、介護に関することだけは気になります。
介護職員の給与水準を一律に引き上げる新制度が話題となっているように、政治と介護はとても密接です。

そういえば以前、某議員さんたちが視察に来られたことがありました。
こういう場合は、現場をさっと見学して、ちょこちょこっと現状を説明しておしまい、というパターンなのですが、それでも議員さんによって反応はそれぞれ。
一番熱心に聴いてくれるのはやはり女性議員さんですね。介護が他人事でないという気持ちが伝わってきます。ところが男の人はあまり熱心ではない感じです。介護の話をするとうつむいて決まりの悪そうな顔をされたり、聴いているのか寝ているのかよくわからない人もあります。どれくらい儲かるのかということにしか興味がなかったり。そういうときはまじめに話をするのが馬鹿らしくなりますよ本当に(怒)!!!

まあ、議員さんによって得意分野があると思うので、一概に無関心と決めつけることはよくないとは思うのですが、そこはやはり市民の代表として少しくらいの関心は持っておいていただきたいものです!

これまでは誰に投票したらいいのかわかりませんでしたが、次はぜったい介護現場に関心を持ってくださる方に投票しようと思いました。
[PR]
by ikunosange | 2009-07-13 12:40 | 日々思うこと
<< いのちのおわりに 研修に行って思ったこと >>